横浜の内装コンサルティング、空室対策、リノベーションならリードコーポレーションの「リノベスマート」へ!

リノベーションとは

リノベーションとは

「リノベーション」とは既存の建物の用途や機能を大幅に変更して、空間に新しい価値を発見し想像していくことだと考えております。

例えば、築年数が20年以上のファミリー向けの物件で、和室2間の2DKの賃貸マンションは現在ではライフスタイルの変化から和室が敬遠され、入居希望者が減り、空室が目立つようになってきています。

このような賃貸マンションを今の賃貸を探す入居者が好んで入居して頂けるように、水周りはもちろん、間取りもおしゃれでシンプルな1LDKに改装しする。その結果、現在の多様化したニーズに合った物件に生まれ変わることができるわけです。

リノベーションとリフォームの違い

リフォームの場合、老朽化した場所の内装や設備を替えて、元あったように改修を施します。例えば、クロスの張り替えやキッチンの取り替えなどがそれにあたります。

一方リノベーションとは、補修や補強をしつつ、ライフスタイルに合わせて、間取りや構造まで大改修することを意味します。

さらに建物に元からあった機能以上の付加価値を持たせて、今ある住まいを再生させさらなる付加価値をプラスします。

そのため賃貸物件はもちろんご自身でお持ちのご自宅や店舗、事務所などもリノベーションをすることによりスマートかつスタイリッシュに室内をとても素敵な空間へと変化させることが可能です!!

リノベーションで可能になること

リノベーションをすることで以下のようなことが可能になります。

  • 区切られている部屋を広げて、開放的なLDKを作る
  • 無駄に広すぎるスペースを分ける
  • 使いにくい水回りの間取りを変更する
  • 床や壁などのデザインを変えデザイナーズ物件のようにする 住宅にしても店舗や事務所してもそのご希望をヒアリングすると、そのご要望は様々です。まさにこの多種多様化したニーズを物語っているのではないでしょうか。

リノベーション工事の場合一番大きな工事の場合一旦躯体をむき出しにして、水回りの移動や配管工事、間仕切りの変更、構造補強、外壁の模様替えなどを行うため、工事の規模は大きくなります。

工期中は賃貸物件にお住まいの方でなく自己所有のマンションや戸建て住宅の場合仮住まいに住んでいただく場合もあります。

しかし数カ月に及ぶリノベーションの後…。

リン対物件のオーナーであれば空室が満室になる、自己所有の物件のオーナー様であれば理想の暮らしが手に入るといった幸せがたくさん訪れるはずです!

リノベーションは、既存住宅の見える部分(設備仕様)だけでなく、くらし(ライフスタイル)にも新たなる利用価値を提供します。リノベーションマンションは私たちの暮らしに広がりを与えてくれます。

a:1169 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional